他工法との比較_3D印刷

2018/02/27

  三次元プリンターとの比較  

 

3Dプリンターの量産化への課題を解決。材料選択性や精度・強度でも有利

 

3Dデータを元に金属粉末を立体印刷する工法で、どのような形状にも対応可能ですが
積層面に対して強度に異方性が出たり、積層面にシマ模様が現れるなど製品表面が二次加工
無しでは粗くなります。金型を用いないため短納期で多品種の試作に適しています。
しかし、製品1つあたりの機械の専有時間が長く量産には不向きです。

近年では3Dプリンターで試作したものの量産化対応にMIMを採用頂くケースが増えております、是非ご相談下さい。

 

  3Dプリンター μ-MIM
寸法精度 後加工必要 機械加工と同程度
形状自由度 中空構造も対応可能 中空構造も対応可能
生産コスト 短納期・極小ロット
大ロットで低コスト化
材料選択幅 ステンレス系が主流 Ti系合金なども対応可能

MIM技術に関してお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

大阪本社072-830-2588

お問い合わせ・ご相談・資料請求

東京営業所042-851-5092

無料VA・VE診断

日本マイクロMIMが選ばれる理由

もっと見る
ページトップ