他工法との比較_機械加工

2018/01/25

  機械加工との比較  

 

複雑形状部品の量産でコストダウン可能、納期短縮も実現

 

機械加工は精密加工における代表的な工法ですが、求められる精度や形状の複雑さに
比例して工数が増し、コストが増大します。
また、加工時の材料ロスが多く加工時間も掛かるため大規模な量産には向かない工法です。

 

μ-MIMでは機械加工と同等の精度で複雑形状部品の安定した量産が可能です。
加えて、複数部品の一体化による大幅な加工コストダウンの見込める製品では
もっともMIMへの工法転換のメリットが生じます。

 

他にも位置決めやチャッキング自体が困難な形状や、

磁性材など加工歪の影響が懸念される材料についても是非ご相談下さい。

 

  機械加工 μ-MIM
寸法精度 高精度な加工 機械加工と同程度
形状自由度 アンダーカット形状は困難 中空構造も対応可能
生産コスト 複雑部品ほど高コスト 大ロットで低コスト化
材料選択幅 難削材加工は困難 Ti系合金なども対応可能

MIM技術に関してお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

大阪本社072-830-2588

お問い合わせ・ご相談・資料請求

東京営業所042-851-5092

無料VA・VE診断

日本マイクロMIMが選ばれる理由

もっと見る
ページトップ