最先端のMIM技術の追及と、ユーザーのものづくりサポート

MIM技術の追求

日本マイクロMIMでは自社の研究開発室を中心として、MIMの最先端研究を行っています。目指す領域は「オンリーワン・ナンバーワン」となるレベルであり、自社開発した技術を元にユーザーのオープンイノベーションをサポートします。

未だ業界内で解決されていない課題であっても、ユーザーと共に研究開発を進め、新しい技術領域を開拓することが私たちのものづくりです。

日本マイクロMIMの研究開発が提供する価値

オンリーワン・ナンバーワンの技術でこれまでにないものづくりを

実現します。

精度・形状
01
精度・形状
量産性
02
量産性、安定調達
リードタイム
03
開発リードタイム

国内研究開発拠点(東大阪リサーチラボ)

最新鋭の設備が整った研究室に、ぜひご来訪ください。

日本製

日本製 X線CTスキャンシステム

ドイツ製

ドイツ製 三次元非接触画像測定器

イタリア製

イタリア製 マイクロ射出成形機

研究室で
行っていること。

東大阪にあるこちらの研究室では、普段、日本マイクロMIMの研究開発室のメンバーがそれぞれの研究課題に取り組んだり、お客様の製品の材料分析や強度分析などを行っています。

研究室が特に力を入れている領域は、分析・検査体制です。主としてμ-MIMをはじめとした機能性金属の品質保証を行うためのものですが、大学の研究室に並ぶほどの設備を導入しています。

μ-MIMを
安心してお使いいただく為に。

μ-MIMを例に取ると、μ-MIMはそのサイズと形状の複雑性、材料の多様性等により、納品後に検査を行いたくてもお客様の検査設備では検査工数が膨大になってしまったり、そもそも正確な検査が不可能なケースがあります(MIM製品内部の状態など)。

そのような場合でもμ-MIMの信頼性を保ち、安定した品質でお客様に安心してμ-MIMをお使いいただくために、日本マイクロMIMではX線CT装置や電子顕微鏡、非接触測定器、各種試験機等を完備しているのです。

日本マイクロMIMの技術を
確認していただく為に研究室の
見学開放を行っています。

研究開発室では、定期的に研究室の見学開放を行っています。既存のお客様や新しく接点のできた方に、日本マイクロMIMの技術のバックグラウンドを確認、納得していただいた上で、開発・設計に関わる技術的な打合せを行うためです。

まず日本マイクロMIMのスタンスとそれを裏付ける技術・体制を確認していただくことで、よりお客様も日本マイクロMIMを活用していただけると考えています。ぜひ研究開発室の見学にお越しください!

検証・改善

測定データシミュレーション技術を組み合わせた
検証・改善が必要

検証・改善

リサーチラボ内での測定検証、打合せが可能です

国外研究開発拠点(タイ:MTEC)

タイ

日本マイクロMIMはタイにも研究開発拠点を備えており、NSTDA(タイ国立科学技術開発庁)主導の研究施設MTEC(タイ国立金属・材料技術研究所)内で日本マイクロMIMの研究者が活動しています。異種材料の複合化技術や焼結条件の最適化、量産時の安定化技術など日本の研究拠点とは異なるテーマで、女性研究者が研究開発をけん引しています。

国の垣根を超えた産学連携活動

日本マイクロMIMは、国内外をはじめとした大学・企業・研究機関と長年に渡り共同研究を行ってきました。例えば東北大学との貴金属MIMに関する研究や、エネルギー系企業との最先端材料等に関する研究プロジェクトなど、多数の実績があります。このような産学連携活動は日本のMIMメーカーとしては非常に珍しい取り組みですが、我々はMIMの研究開発型町工場として、双方の得意分野や設備を活かし、基礎研究からの共同研究を推進しています。

インターンシップ

国内外のインターンシップの受け入れ

展示会での発表

国際会議・展示会での発表

参加・発表学会例

海外
EPMA(欧州粉末治金協会)
MPIF(粉末治金工業連盟)
APMA(アジア粉末治金技術連合)
日本
日本金属学会 日本機械学会
粉体粉末治金協会 日本複合材料学会
日本材料学会 ほか多数

最新の研究開発実績

日本マイクロMIMの研究開発内容は、MIMやCIMに関する国際的な学術雑誌であるPowder Injection Mouldingに取り上げられるなど、高い評価を得ています。ここに掲載している内容以外にも、多数の研究開発実績があります。MIM技術に関しての技術相談はぜひ日本マイクロMIMにおまかせください。

MIM技術者ニュース [研究開発]

thai

2017/07/11

タイ国家学術調査委員会とは、タイ国内の経済発展、社会開発とグローバルな知的貢献を担う機関です。 当社とタイMTECのDr. Anchaleeとの共同研究であるチタンフォーム開発プロジェクトが、 工業部...

詳細はコチラ

金属射出成形による微小MIMギア例

2016/10/21

直径数ミリ以下の超小型ギアは超小型モーターや回転部分に用いられ、重要な機構部品となります。 日本マイクロMIMにこの数年で多いご依頼のひとつは、「機械加工では日本のどの会社でも作ることができない、超小...

詳細はコチラ

金属射出成形による銅製MIM

2016/10/21

世界最高レベルの材料ラインナップと、 製品精度でこれまでなかった部品を実現 過去のニュースでお伝えしたマイクロギアと同じく、MIMのご要望が増えているのは銅製材料のMIMです。 導電性、熱伝導性に優れ...

詳細はコチラ

研究開発の記事一覧を見る>

MIM技術に関してお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

大阪本社072-830-2588

お問い合わせ・ご相談・資料請求

東京営業所042-851-5092

無料VA・VE診断

日本マイクロMIMが選ばれる理由

もっと見る
ページトップ